簡単な仮想通貨投資の始め方

知らないと絶対に損する!取引所と販売所の違いとは?

どうも。ネオ社畜です。

当ブログ応援頂ける方は下のボタンを下のボタンをポチりと!ヽ(・∀・)ノ

仮想通貨を始めようかな。。。と思っている方。もしくは仮想通貨を始めてまもない方。

絶対に悩むワードがありますよね。ぶち当たるワード。

これです。

「販売所」「取引所」

仮想通貨業界の荒波を乗り越えてきた皆さんなら当然「ご存知」ですよね?

どう使い分けするのか「ご存知」ですよね?

エッ!?知らない!?

でも大丈夫です僕も当時始めたときはよくわからず、呼び方が違うだけであまり意味はないのだろうなと思いあまり調べてませんでした。(クソすぎる)

この違いを知らないと知らず知らずの内に多くの手数料を取られて「大きな損」をしてしまいますよ。

でも大丈夫です。安心してください。この記事を読んで一緒に学んでいきましょう。

社長さん

販売所と取引所。。。名前は知っているが全くもって違いがわからん!!知らないと損する?
キタコレ!!社長さんが損しないように、そのお悩み私が解決して見せますよ!(キリッ)

社畜さん

「販売所」と「取引所」の違い

どちらも「仮想通貨を購入できる場所」というのは皆さんご存知ですよね。

でもどこがどのように違うのかは知らない人もいるかと思います。「販売所」「取引所」は明確に異なっています。

では具体的に、どのように違うのか見ていきましょう。

販売所と取引所は「取引相手」が違う

販売所では、仮想通貨を取引する相手が「仮想通貨の運営会社」になります。つまり、bitFlyerさんだったり、Zaifが仮想通貨を売買します。

一方、取引所では、仮想通貨を取引する相手が「仮想通貨を取引しているユーザ」になります。つまり、bitFlyerやZaifにアカウント登録した「ユーザさん同士」で売買をします。

ここで勘のいい方は気づくと思いますが、bitFlyerさどの運営会社が仮想通貨を仲介して売買することになるので「手数料」が発生するわけです。

MEMO
  • 「手数料」が仮想通貨運営会社の「収入元」になります。
  • 「スプレッドが大きいと手数料が大きい」といえます。
  • スプレッドとは販売所での「購入価格から売却価格を引いた値」です。
  • スプレッドは運営会社によって「異なる」ので注意しましょう。

販売所と取引所は「取引する画面」が違う

ZaifのPCの取引画面を見ながら一緒に見ていきましょう。

まず「販売所」の画面を見てみましょう。

  • Zaifでは「販売所」の画面は「簡単売買」で行います。
  • ビットコインの購入と売却の価格が表示されています。
  • MONACOINが表示されていて若干見にくい画面ですね。。。

では次に同じZaifさんでの「取引所」の画面を見てみましょう。

  • これがZaifでの「取引所」の画面になります。
  • ちなみにこれを「板」と言い、ここで取引することを「板取引」といいます。
    • 上の緑字が「売り板」の状況
    • 下の赤字が「買い板」の状況
  • 売り気配の緑と、買い気配の赤のゲージが長いほど、その価格に多くの人が購入または売却しようとしています。
  • 指値注文と成り行き注文ができます。

販売所と取引所は「手数料」が違う

再度、ZaifのPCの取引画面を見ながら一緒に確認してみましょう。

まず「販売所」。

  • この時点で販売所から1ビットコインの売買をする場合以下の条件であることがわかります。
    • 売る場合:880712円
    • 買う場合:935567円
  • スプレッドが大きいことがわかります。
    • 935567円 – 880712円 = 54855円
  • スプレッドがあるので、買ってすぐ売ったら「54855円」損します。

では次に「取引所」の画面を見てみましょう。

  • この時点で販売所から1ビットコインの売買をする場合、こんなことが読み取れます。
    • 「904740円~904235円」あたりで取引されている
    • 売り板の904995円当たりに「多くの売り気配」がある
  • 例えば一番高い買い板の値段「904235円」で購入した場合、販売所では「935567円」なので
    • 935567円 – 904235円 = 31332円の差があります
    • ⇒これが取引所の方が「手数料が安い」の根拠になります。

スポンサーリンク



「販売所」と「取引所」の使い分け

このように、「販売所」と「取引所」では様々な違いがあることがお分かりいただけましたでしょうか?

使い分けとしては以下の様にするのがおススメですね。

販売所と取引所の使い分け
取引所:手数料安く購入、または売却したい場合に使う
販売所:大量の売買をする、または即座に仮想通貨が必要な場合に使う

どんな取引所があるのか?

では、どこの取引所が最もお得に仮想通貨を売買できるかをご紹介します。

国内の仮想通貨業者で取引所を運営している所

国内で有名なbitFlyerやcoincheck、Zaifなど仮想通貨業者はありますが、実はその仮想通貨業者によって取引所に対応している「銘柄(コイン)」が異なります。

これは非常に重要なポイントです。

例えばbitFlyerやcoincheckでは基本的にビットコイン(BTC)は取引所で板取引可能ですが、ほかのコインは販売所形式しかないのです。

一方でZaifであればネムやモナコインなどのアルトコインを含めて板取引可能なのです!!

Zaifの特徴

上記にあるように多くのアルトコインを板取引可能です。

取引所の中で「最も多くの板取引可能な銘柄数」をそろえているのがZaifです。

手数料の高い販売所で購入するのはやめて、お得な取引所で購入するべきです。

Zaifのアカウント登録はこちらから

下記公式ページからアカウント登録することができます。

Zaif(ザイフ)の公式ページ

もしZaifについて詳細を知りたいのであれば、下記のページにて解説していますのでご参考にしてください。

Zaif(ザイフ)の登録方法・特徴・メリット・評判について
 

取引所を使ってはいけない場合

これまで「取引所が手数料が安い」ためベストです。とお話ししていきましたが、場合によっては販売所を使うべき場合があります。

  • 大量購入や大量売却したい場合
  • 暴落、暴騰時など(注文が通りにくい)

こういった場合は、「板が厚く、確実に売買できる販売所」を使うべきですね。

まとめ

今日のまとめです。

当記事では、「販売所」「取引所」について以下の解説をしました。

  • それぞれの違いは何か?
  • 使い分けは何か?
  • おススメの取引所はどこか?

いかがでしたでしょうか?

たかが手数料と思われるかもしれませんが、それなりにトレードを重ねていくと結構な手数料になってしまうので、取引所を使うことは「非常に重要なポイント」ですよ。

無駄な手数料を払うのはもうヤメにしましょう。

大量の売買注文を出す場合や、すぐに売買が必要な場合はこれの限りではありません。用途に応じて使い分けすることが重要ですね。

この驚愕の事実を知らなかったそこのアナタ!!今日から「取引所デビュー」しましょう!

以上となります。

ご参考になれば幸いです。

当ブログ応援頂ける方は下のボタンを下のボタンをポチりと!ヽ(・∀・)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA