リップル(Ripple)の特徴、将来性についてまとめてみた

2018年1月15日アルトコインRipple, XRP, まとめ, リップル

こんにちは。
コンです。

最近は仮想通貨に関するニュースが駆け巡っていて、
追うのがとても難しいです。
でも、頑張って収集して良い情報を提供しようと思いますので引き続きよろしくお願いします。

今回は、「リップル(Ripple)、XRPについてさらっとまとめで知りたい方」に向けて
簡単に特徴や将来性、最近のニュースなどをご紹介したいと思います。

XRPについては、
非常に有名で人気のアルトコインですので
知っている方がほとんど思われます。

XRPは私も主力のアルトコインとして買っています。

リップル自体は非常に範囲が広く難解なのですが、
簡単にまとめますのでご参考になれば幸いです。

リップル(Ripple)とは?

リップル(Ripple)とは、Ryan Fuggerによって考案された決済システムです。または企業そのものを指します。

ブログやらTwitterでみかけるのですが、
正確にはリップル ≠ XRPではありません。

もう一度言いますが、
リップルとは決済システムまたは企業そのものを指します。

XRPとは?

XRPとは、リップル上で扱われる仮想通貨そのものを指します。
アルトコインに分類される仮想通貨。

なので「リップル買った」というのは、
本当は語弊があるんですよね。

ちなみにXRPはリップル社が発行主体です。

coincheckで購入できるのはコレです。

XRP

上はcoincheckのPCのUIなんですが、
見るとわかるように、XRPって書いてありますよね?
リップルではないのです。

ただ実際、
「リップル買った」
で全然通じますし、取引所によってはRippleって書いてあるところもあるので、
個人的には全然問題ないと思います。

知識としてもっておくとよいかもってだけですね。

リップルの現状と今後

リップルが狙っているSWIFTの座

現在の海外送金は「SWIFT」と呼ばれる非営利機関が牛耳っています。

例えばこんな感じですね。

日本の銀行 ⇒ SWIFT ⇒ イギリスの銀行

どんな銀行も必ず「SWIFTという仲介屋さん」を経由します。

また人手を介し、かつ時差問題もあるため、
送金に最短でも1~3日はかかるとのこと

それから、日本からイギリスに送られるということは
「円」から「ポンド」に変わりますよね?

この変換もリップルがひとえに担っているのです。
ちなみに通貨の仲介役としてはドルが担っています。

例えばこんな感じですね。

円 ⇒ ドル ⇒ ポンド

ここで、勘のいいかたであれば気づくかもしれませんが
仲介役となる通貨が必要になるのです

そうです。

XRPです!!

リップルはこの仲介通貨としてXRPを使おうとしているのです。

現状の国際送金のコスト

先に説明した「SWIFT」には例えば以下のような問題があります。

高額な手数料

仲介役が存在する = 手数料が存在する

です。

どんな業界でもそうですが、いわゆる中抜きマージンと呼ばれるものです。
タダではやってくれないのです。

・銀行の手数料
・為替手数料

が必要になります。

事務作業や確認作業など人手を介するため、
必ずその分の手数料が上乗せされるということです。

ましてや国際送金なのでその面倒さは、想像つくかと思います。

送金に時間がかかる

これも人手に頼っている部分があるためが原因です。
人手を介する銀行を経由し、さらに時差もあるので当然ですよね。

リップルが解決すること

先に述べたような「SWIFT」が持つ課題をリップルが解決することを目指しています。

簡単に言うとリップル社は、
インターネット技術で全ての銀行をつなぎ、
かつその上に効率的なリップルのシステムを構築する
ことで
圧倒的な送金スピードを達成しようと考えています。

ここでは仮想通貨のXRPが大活躍するはずですね。
ただまだ採用は決まってはいないようです。

CEO直々にリップルでXRP使うよ宣言がありました!

また、リップルのシステムが採用されるということは、
人手をできる限り無くし自動化が進む
ということです。
よっては従来と比べて圧倒的に安い手数料を実現することができます。

私はエンジニアなので、
こういった自動化というワードがとっーーーーても大好きですw

エンジニアは基本的に面倒臭がり屋で、
なんでも自動化しようとします。
すみません、話がそれてしまいました。。。

リップルの最近のニュース

リップルCEO cnbcに登場

CEOがちゃんといるとこういったメディアにでて話せるのよね。
普通の会社だったらあたりまえだよねw

このメディア露出で存在がさらに広まったと思われます。

2017/12/29 XRP独り勝ち

これまでこんなことがあっただろうか。
今日はXRP強すぎた。

買っといてよかった。

2017/12/30 XRP 200突破! 時価総額2位!

ついに200を軽く超えてきてしまった、、、

さらに!
イーサリアムをついに抜いてしまった、、、

 

リップルの将来性

あくまで個人的な結論ですが
XRPはこれからも買っていこうと思います。
将来性は◎と判断しました

理由は、
・リップルが目指しているビジョンに共感できる
・仮想通貨系では珍しくCEOがちゃんと存在するので変な方向にいったりはしなそう
・リップルだけでなく、政府、銀行、カード会社など様々なステークホルダーを巻き込んでプロジェクトが進んでいる

といったところでしょうか。

引き続きリップルの動向には目が離せません!

リップル買うならcoincheckで!!

bitbankもおススメです。後日記事にします。

良い記事だなと思って頂けたら、
↓リンクをポチっと押してもらえると嬉しいです。

仮想通貨ランキング


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin